読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世相放談

辛口ニュースの解説

スポンサーリンク

【都知事】民進党は有権者を愚弄するな

国内政治 選挙

小池都知事に対する民進党からの、すりよりが目に余る。

ゴマすりにすら見えてくるよ。

 

国政政党と地方自治体の長は、一定の協力関係があることは望ましいことと思うが、

利害が相反することもあるわけで、一定の距離感も欲しい。

 

この数日、民進党から小池知事へのラブコールとも思えるメッセージ続いている。

 

小池知事が目覚ましい活躍をしているのは事実だ。

 

ただ、忘れてはいけないことがある。

つい2ヶ月前、すでに都知事選に立候補を決めていた小池氏の対立候補として、鳥越俊太郎氏を擁立したのは、民進党じゃなかったかな・・・

 

鳥越氏に投票した人は、民進党が支持したことを知っているはず。

鳥越氏を応援した人は、民進党推薦だから応援した人も少なからずいたはずだ。

 

 

有権者、それも民進党を支持している人たちを、いとも簡単に裏切ってしまっていいのだろうか?

 

また、衆議院東京10区の補欠選挙では、自民党が小池氏の腹心である若狭氏の公認を決めている。民進党は独自候補者を公認し、すでに事務所開きを終えている。

 

こんな時期に、小池氏に露骨に擦り寄るのはいかがなものだろうか?

 

まず、都知事選の総括をするべき。

「鳥越さんを推薦したのは失敗でした!有権者のみなさま、ごめんさない!」って宣言してみれば?