世相放談

辛口ニュースの解説

スポンサーリンク

【都知事】石原元知事への評価

この4年間、めまぐるしく都知事が変わったのはご存知の通り。

舛添前知事、猪瀬元知事の実績って、、、猪瀬さんはオリンピックの招致をしたけど、これの発案者は石原さん。

猪瀬さんは、それを継承して招致に成功したわけです。

それ以外の実績って、、、ピンと来ないですね。知事としての在任期間が短すぎるからやむなしかな。

舛添さんの実績って、、、。なんなんでしょう?(笑)

 

さて、本題の石原さんに対する評価です。

大失敗は、新銀行東京の設立かな。

そもそも、東京都が銀行経営をするって、無理なことだったと思いますw

 

よかったのは、まず羽田空港の再生でしょう。

成田空港の開港とともに、日本の空の玄関は成田、羽田は国際線の拠点というのが、常識となっていたのに、なかばごり押しで、羽田空港を再整備、日本の空の玄関の座を奪ってきました!

今、国を挙げて、「観光!観光!」と言ってられるのも、石原さんのおかげも多分にあると思います。

あと、首都高速道路の環状線の再整備も、よかったと思います。

都内の渋滞緩和には大きく寄与していると思います。

 

どう評価していいかわからないのが、ディーゼル車の規制。

よかったのか悪かったのか・・・

 

尖閣の購入問題については、、、、ただ、魚釣島を中国系資本が購入しようとしていた事実を考えれば、問題定義として認めますが、都が買うというのはどうかと。。。

 

それとオリンピック誘致に関連し、新宿浄化は成果だと思います。

新宿歌舞伎町界隈、今でも物騒なエリアかもしれませんが、以前と比べれば、だいぶ治安はよくなりました。

 

石原氏の言動については問題多かったですね。

個人の言動であれば構わないし、政治家として自由な発言をしてもらっても構わないのですが、オンリーワンである知事の言動としては問題多かったと思います。

 

ただ、いずれにせよ、リーダーシップ(強引なw)については、他の政治家と違うものがあったのは間違いない。

 

小池知事については、いま、スタートしたばかりですが、リーダーシップについては大きいと思います。今後に期待したい。