読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世相放談

辛口ニュースの解説

スポンサーリンク

【外交】安倍さんの外交を総括してみた

正直に言って、安倍さんの外交手腕は、すごいと思います。

 

安倍さん自身も外務大臣経験者だし麻生副総理・高村自民党副総裁も外務大臣経験者。

ブレーンでもある国家安全保障局長の谷内さんは外務次官出身。なにげに外交通で周りを固めている。

 

安倍さんが首相に就任した当時の日本を取り巻く国際情勢は、厳しいものだった。

 

尖閣周辺海域で中国船とのトラブルが頻繁に発生し、韓国は竹島問題と慰安婦問題で日本とは対決姿勢。

 

アンチ日本ということか、中国と韓国は蜜月の時代だった。

 

当時の状況では、戦争責任をめぐる中韓のプロパガンダで日本の信用は失墜していたか、場合によっては中国との局地紛争すら起きかねなかったと思う。

 

その状況下で、安倍さんのとった行動は、、、。

シカト・・・

 

中国にも韓国に対しても、戦争責任についての謝罪することもしないし、ご機嫌取りもしない。今までの日本の政治家とは大違い。中韓は慌てたかもw

 

その間に、安倍さんはせっせと外遊に励む。

アジア諸国はもとよりアメリカやヨーロッパへも。

結果的に、ゆるいながら中国包囲網を構築していったんだよな。

 

戦後、一貫していた大原則、武器の禁輸を、なしくずし的にやめて、ベトナム・フィリピン・インドへの武器供与(ただし、輸送機とか巡視艇とか練習機とか、露骨な武器ではない)。この3国って、それぞれ、中国との領土・領海での紛争を抱えている国なので、中国には効いてきたと思います。

 

ちなみに、武器供与が国内であまり騒がれなかったのはちょっと不思議・・・

 

一方で韓国は放置状態が続くうちに、経済はどんどん悪化。

韓国経済は今や、瀕死です。

韓国から泣きが入るのを待っていたんだね。

 

昨日、韓国からの要望を受け入れて、日韓スワップが再開だって・・・

 

とりあえず、ここまでの段階で、安倍外交は、素晴らしいと思う。

 

韓国との関係は、これから良好なものを築いていって欲しい。

幸いにして、中国との関係も良化の兆しが見えてきた。

肝心のアメリカとの関係は次期大統領が決まってから方向性が定まっていくと思う。

問題は北朝鮮。頼むよ。安倍さん・・・