読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世相放談

辛口ニュースの解説

スポンサーリンク

【憲法】9条の問題はともかく改正は必要じゃないかな

日本国憲法は、GHQが作った英文を和訳したと言われている。

誰が和訳したのかも知らないが、厳密な文章のようで、ファジーな部分が多い。

 

例えばよく話題になる9条第二項

前掲の目的を達する為め、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 

この条項を見ても、他国を侵略してはいけない、というのは読み取れるが、

攻撃を受けた場合、自衛をしてよいのかが意味不明。

 

っていうか、独立国というのは、当然、自衛権を保持しているという考えもある。

 

自衛隊が違憲か合憲かとか、そのときの政府による憲法解釈に負う部分が多い。

 

あるいは、国連によるPKO活動、国際貢献として必要なものになっているが、見方を変えれば、国連そのものが軍事同盟?という考えも成り立つかもしれない。

 

憲法は必ずしも厳密なものである必要はない。理念的なものでも構わないものであり、実際に他国ではそういう憲法もあるが、日本国憲法は厳密に記されているにも関わらず、抽象的な表現で解釈が分かれるようなも部分がることが混乱の要因ではないだろうか。

 

あと、憲法改正のハードルが高すぎるように思える。

 

今の時代の変化は、憲法制定時の想像を遥かに超えている。

憲法は、絶対に守らなければならないものなんだ。

だからこそ多少なりとも時代の変化に合わせて、憲法も対応させていく必要があるのではないだろうか。