世相放談

辛口ニュースの解説

スポンサーリンク

【政治資金】金の流れを追うメディア

毎年、9月下旬に、前年の政治資金収支報告書が公表されます。

以前は、各新聞社が分担をして、各政党・各議員の政治資金収支報告書を手入力でパソコンに入力し、データを共有していたのですが、最近は、PDF形式で発表になるので、各新聞社が独自にやっているかもしれませんが・・・

 

 

パソコンでデータを管理することで、格段に分析がしやすくなります。

 

「あれ、○○議員は、突出して個人献金が多いな」とか

「○○議員は、事務所費が多いが、何に使っているのでだろう」的な疑問が生まれます。

 

この疑問を追うことで、疑惑や不正にたどりつくことがあります。

 

例えば、禁じられているはずの外国人からの不法献金を受けていた、とか、

事務所費と称して、美術品を買い漁っていたとか、秘書のキャバクラ代を計上していたとか、、、。

 

多少の問題はあっても、取るに足らないことも多いと思います。

そういう小さな問題はニュースにならずに、消えていきます。。。

 

違います!

 

その時はニュースにならなくて、後日、その議員の周辺でニュースになるような疑惑や不正が発覚したときに、明るみにでるのです。

 

小さな問題だったはずが、次から次に、畳みかけるように不正が露呈する例をご存知だと思いますが、アレですw

 

小さな問題が一つなら、議員側は訂正すれば済むのでしょうが、

小さな問題が10個、立て続けに出てきたら、組織的な不正に見えたり、議員の資質・人格・人間性にかかわる問題になってしますのです。

 

チリも積もれば山・・・・

 

政治家は、豪快さではなく、清く正しく美しくが、求められる時代なのです。

広告を非表示にする