読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世相放談

辛口ニュースの解説

スポンサーリンク

【政治家】歴代首相の学歴

歴代首相をみても、東大・京大出身が少ない。

21世紀の首相をみても、小渕さんが早稲田、

森さんも早稲田、小泉さん慶応、安倍さんが成蹊、福田さん慶応、麻生さん学習院、

鳩山さんが東大、菅さんが東工大、野田さん早稲田、再登板の安倍さんが成蹊。

現内閣を見ても、塩崎さん、林さん、宮沢さんの3人しかいない(なぜか3人とも二世議員)。

東大・京大は優秀な人間を輩出しているわりには、大物の政治家は少ない。

最も求められる政治家の資質は、知識や教養とは違うからである。

その理由は、民主党政権見えてくる。

首相以下、東大・京大出身者8名の鳩山由紀夫内閣、閣僚が政策立案を主導し、期待とともにスタートしたのもの、わずか半年であっけなく崩壊。

ほぼ、なんの成果もなく終焉を迎えたと言ってよいと考える。

鳩山政権を含む民主党政権では、「民主導」の名のもとに、役人を排除したのが、失敗の原因だったと考える。

日本の役人は優秀だ。

しかも、専門のエキスパートであり、政策立案に20年30年に携わってきた人たち。

多少優秀でも、政治家がかなうレベルではない。

つまり、政治家に求められるのは、優秀な人間を使いこなすこと!

これを忘れてはならない。