読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世相放談

辛口ニュースの解説

スポンサーリンク

【地震】地震雲は科学的じゃない?

科学技術

大地震の前に、地震雲が観察されることがある

という話を聞いたことある人、あるいは実際に、見たことがある人も多いのではないだろうか?

地震発生のメカニズムと雲の間に、なんらかの相関関係があるのは間違いない。

が、残念なことに、地震雲についての研究が不十分であるのは事実である。

地震関係の学術研究は、地質学者や地球物理学者が中心であるため、

やはり地震を予知するといわれている小動物の生態系と同様に、軽視されてきた結果であると思う。

私は、雲を見るのが好きで、そんな中、竜巻雲と呼ばれる地震雲の一種を何度か目撃し、その度に、数日以内に地震が発生したのを確認してきている。

といっても直接の関係を証明するすべはなく、単なる偶然かもしれないが・・・

地震雲の民間研究の第一人者で、故鍵田忠三郎氏がいた。

氏は、奈良市長や衆議院議員を務める傍ら、地震雲の研究をして、著作も多い。

精度は高くないかもしれないが、地震雲は、「数日以内に」「どのエリアで」という推定をすることができる。

その推定を、地質学、活断層の位置や大陸プレートの動きと重ね合わせることができたら、、、

地震予知の精度向上に寄与できるのではないだろうか?

「学会」ごとの研究ではなく、異なる「学会」を横断した研究に期待したい。

文部科学省、国土交通省等、連携してお願いしたい。よろしく!